デジタルカメラを使ってダイエット写真

ある時期からダイエットを始めました。それのモチベーションにしようと朝起きると自分の上半身裸の写真を撮るようになりました。

最近はあまり見かけないようですが、10数年前に私が初めて購入したデジカメは、回転レンズのものでした。

今は亡き、懐かしのカシオQV−10です。なんと、まだ20世紀のあの時代に昨今はやりの「自分撮りが」がなんなくできたのですから、今から考えると不思議な感じがします。

それまでは特にカメラに興味はなく、写真を撮る時はもっぱら使い捨てのフィルム付きレンズを使っていました。デジカメ導入のきっかけは、猫とインターネットです。猫を飼いだして、インターネット上に自分のホームページを公開するようになって、「やっぱりデジカメがないと」となりました。

デジカメはいったん使い出すと、その便利さにもう手放せなくなりました。当時はもちろん画素数も少なかったのですが、写真をスキャンしてアップしていたのに比べると、感動的な出来上がりでした。

その後、デジカメは何度か買い替えましたが、最後まで使っていたのはやはりカシオの同シリーズのQV−2300UXです。回転レンズの便利さと、手になじんだあのフォルムが決めてでした。
そして、そのカメラでダイエットのために自分の写真を取りました。
毎朝毎朝、デジタル一眼レフカメラを上半身裸で撮影しているちょっとお馬鹿な自分がいます。
撮影場所は毎回変わってしまってもおかしいので洗面所と決めています。そして写真を撮ると体脂肪もはかれる体重計に乗ってEXCELに数値を入力していくんです。そして、カメラをパソコンに繋いでLightroomに写真を取り込みます。そんなことを1年以上続けています。Lightroomには減量用自撮り写真というタグのついた写真が大量にあります。それを並べるとちょっと気持ち悪い光景が広がっていきます。もうちょっと写真が集まったらストップモーションムービーみたいに1枚ずつ繋げてひとつの動画にしてみようかなと考えています。1年間のダイエット具合を圧縮して見てみるんです。デジタルカメラだとお金を気にせずにこういったことが気軽にできるのが良いですよね。
おかげでダイエットも順調で、無理の無い程度で少しずつ減量に成功しています。なにより、写真をとった時はわかりませんが、最初の頃と比べるとだんだんスリムになっていっているのが面白いのです。
最後完成の時が楽しみです。

<特別サポート>お家の見直ししま専科|アダルトアフィリエイトの稼ぎ方|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|サイドビジネス|お小遣いNET|ページランク ランキング|英語上達の秘訣|ページランク|内職 アルバイト|FXシストレ|ライブチャット|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|